建物明け渡し、家賃滞納、立退き、賃貸トラブルなどの不動産トラブルを弁護士が解決

賃貸経営・賃貸トラブル池袋相談センター

  • お気軽にご相談ください

賃料滞納予防のポイント

いったん入居させた借主を退去させるのは、たとえ賃料滞納などの債務不履行が あったとしても、簡単ではありません。

不良入居者は、貸室を乱雑に扱うとか、近隣 とのトラブルを起こすことも少なくありません。

そうなると良質な入居者が、これを 嫌って退去する恐れもあります。

誰を入居させるかは、賃貸経営者にとって大切な事 ですから、入居審査をきちんと行い、入居希望者の選別を行うことがベターです。

入居審査について    

まず入居希望者に必要事項を記載した入居申込書を提出させます。

入居申込書は、賃貸物件の仲介業者が所定の書式を利用して作成させるのが、通常です。

入居審査では、第1に賃料を払っていけそうな人かをチェックするため、入居希望者本人と保証人予定者本人の勤務先・勤続年数・業種・収入などを見ます。

勤務先の確認のために、社員証か保険証の写しをもらうようにしてください。

自営業の人は、所得証明書をもらうようにした方がいいです。

入居希望者はいいが、保証人予定者が、保証人として適格でないと判断した時は、他の保証人を追加してもらうとか、保証会社にしてもらう方法を検討してください。     

自主管理されている方は、できれば入居希望者を自ら面接し、人柄をチェックした方がいいでしょう。

不動産会社に管理を任せている人も、管理会社に人柄をチェックさせ、報告をさせる方がいいと思います。